2015年のお彼岸はいつからいつまで?お墓参りのお供え物は何にするべき?

お彼岸3

2015年(平成27年)のお彼岸はいつからいつまで?
お墓参りにお供え物など、お彼岸に役立つ情報をお届けします。

2015年のお彼岸はいつからいつまで?

お彼岸はいつからいつまでなのか?
これって意外と知られていませんよね。

お彼岸には春彼岸と秋彼岸があり、
それぞれ春分の日と秋分の日を中心とし、
前後3日間ずつを合わせた7日間をお彼岸と呼んでいます。

春彼岸は春分の日とその前後3日。
秋彼岸は秋分の日とその前後3日のことを指します。

また、お彼岸の最初の日を彼岸入り、
お彼岸の最後の日を彼岸明け
と言います。

2015年の春彼岸は春分の日が3月21日なので
彼岸入りが3月18日、彼岸明けが3月24日となり、
この期間が春彼岸
です。

また、秋彼岸は秋分の日が9月23日なので、
彼岸入りが9月20日、彼岸明けが9月26日となり、
この期間が秋彼岸
です。

また、2016年(平成28年)のお彼岸は

春彼岸が3月17日から3月23日まで、
秋彼岸が9月19日から9月25日まで
となっています。

お彼岸の墓参りはいつ行くべき?

お彼岸の墓参りはいつ行くべきなのでしょうか?

お彼岸の期間が1週間もあるので
どこで行くべきか悩む人も多いようですね。

ただ、特にここで行くべき、といった日などは特になく、
ご自分の都合の良い日に行って問題無いようです。

忙しい現代では決まった日にいきましょう!と言われても
なかなかその日に行けないという方も多いですしね。

こういったものは結局は本人の気持ち次第なので、
天気などが良い日を見つけてお墓参りに行きましょう。

とはいえ、やはり中日に行く人は多いようですね。

また、お彼岸の期間内にお墓参りに行けない方もいらっしゃるでしょう。

そんな時はどうするべきでしょうか?

そういった場合、出来ればお彼岸の期間より前に行くべきです。

何故ならお彼岸の前の期間に行くことで、
「忘れてないですよ」「ご先祖様を大事に思っていますよ」という
敬う気持ちがしっかりと表せます。

ただ、お彼岸の期間の前後でも行けない場合もあるでしょう。
そういった際にはお盆や正月などのあなたが行ける時に
しっかりと気持ちを込めてお参りしておきましょう。

お彼岸のお墓参り、お供え物は何にするべき?

お彼岸になるとお墓参りに行くと共に、
ご家庭の仏壇などにはお供え物を置いておきましょう。

お供え物は春彼岸と秋彼岸ではそれぞれ、
秋彼岸にはおはぎを、春彼岸にはぼたもち、お団子などを用意しましょう。

といっても、おはぎもぼたもちも物自体は同じです(笑

ただ、季節によって呼び方を変えるんですね。

この呼び方の違いは秋は萩の季節に食べるからおはぎ、
春は牡丹の花が咲く季節に食べるからぼたもち、と
かなり風流な語源のようです。

こうやって季節の植物の名前と共に覚えれば、
どちらがどちら?と混乱することも無くなりますね。